テーマ:写真

門司港レトロ(朝編)

「関門橋」が朝日に浮かぶと門司港の1日が始まります。 閑散とした商店街の朝は風に踊る鯉のぼりの音で始まります。 大正・昭和の香りを今に残して、存在しています。 朝日の反射が、不思議な世界を演出してくれました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津は雪の中(9) 只見付近近況

只見線始発駅「小出」ホームから 「上条」~「入広瀬」にて 「入広瀬」~「大白川」・・・・・・・「柿ノ木スノーシェッド」 只見付近 「只見駅」~「会津がもう」より蒲生岳を望む。 「会津蒲生駅」標識だけが雪の上。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津は雪の中(6)    埋もれて

三ツ石神社の鳥居・・・・・・三石神社は只見駅のすぐ裏山に続く遊歩道を登った要害山の中腹にあります。 縁結びの岩といわれる三の岩は岩の小さな穴を見つけ、ヒモを通して結ぶことができれば、縁が結ばれると言われています。 会津川口駅にて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津は雪の中(3)        只見線

只見駅・・・・・・・・・・只見線は、2011年の新潟・福島豪雨によって鉄橋が損壊、全37駅のうち7駅が不通となってしまいました。 流された鉄橋の修復中。 使用されていない線路。 現在は代行バスが運行中。 東北?只見線 会津鉄道 (週刊鉄道の旅, No7)ユーザレビュー:Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉を尋ねて・・新潟・長野の県境、「秋山郷〕「松川渓谷」「志賀高原」

秋山郷・・平家の落人の里と言い伝えられる秋山郷は、信濃川の支流である中津川上流に位置する越後8集落と信州5集落の総称です。この時、紅葉はもう少しでした。 秋山郷・・秋山郷の入口にあたる、見玉公園から眺める「不動帰りの岩」。 中津川の対岸にある通称石落しと呼ばれる柱状節理(絶壁)を望むことができる公園 で時には柱状節理が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の岬(積丹半島)

神威(カムイ)岬・・・・カムイはアイヌ語で「神」の意味。大海原へとダイナミックにせり出した神威岬はその名の通り雄大。先端までの遊歩道ヲ「チャレンカの小径」。風が凄いです。 岬の先端から眼下に見える「神威岩」は、澄み切った海中に立ち尽くす乙女の化身とも言われています。(源義経伝説) 「チャレンカの小径」を引き返す光景。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭岳の紅葉・・・・9/24

大雪山の旭岳は2,291m最高峰を誇ります。日本で一番先に見られる紅葉。 ロープウェイで見られる裾野の広がり。 「姿見の池〕の散策コースを右回りにいくと一番最初に出会う「擂鉢池」 「擂鉢池」の次に「鏡池」が現れます。 「擂鉢池」と「鏡池」、二つの池を夫婦池と呼んでいます。 ガスが迫っていて、空中庭園と言…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ガンガラーの谷(沖縄・南城市)

時の守人が宿る、太古の森。生命の聖地が潜む、ガンガラーの谷。(案内書より) ケイブカフェ・・・谷に入るには、この洞窟喫茶で案内人の説明を聞いてから。 鍾乳石から常日水が落ちているので、傘を開いております。 濃密な緑の呼気とせせらぎの音が呼び覚ます、仄かな追憶。(案内書より) 陽光に閑寂の時を紡ぐ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さくら・さくら

高田城址の夜桜・・前日より10°c低くさむ~い、夜桜見物。 上田城址・・北櫓前の「尼が淵」から 上田城址・・東虎口櫓門横の花筏で真白の堀 上田城址・・堀のまわりのさくらも満開。 松代城址 松代城址 春日城址公園 高遠城址公園・・問屋門と桜雲橋 高遠城址公園・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早春雑景  (河津さくら)

3月1日 未明の嵐の後、富士には雲一つなく凛々しい姿を見せていました。 東名高速 車窓から。 河津桜も満開を過ぎて、葉が目立ちました。 河原でグラビア撮影中。 来宮神社のご神木。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夜明け前」・・・・「お伊勢さん」外宮の夜明け前参拝。

豊受大神宮(外宮)は天照大神の食事を司る神。早朝5時半に参拝。表参道火除橋を渡ると第一の鳥居。 風宮・・・風の神を祀る別宮です。鎌倉時代の元寇の時、神風を吹かせて日本を守った神。 多賀宮・・・・豊受大神の荒御霊(あらみたま)をおまつりする別宮。階段の奥に。 多賀宮(たがのみや) 多賀宮(たがのみや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more