テーマ:琵琶湖

琵琶湖周遊(7) 近江八幡

近江八幡市は、豊臣秀次が築いた城下町を基礎として、近世は商業都市として発展した。いわゆる近江商人の発祥の地である。 永原町通り・・・・ヴォーリズ記念館より西に二筋いくと古い町並みが残る永原町通りに出る。 八幡堀・・・・日牟禮八幡宮の鳥居まで八幡堀沿いを歩く。時代劇のロケなどでもよく使われるところだ。 八幡堀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖周遊(6)彦根城・玄宮園

彦根城・玄宮園・・・天守を借景として、中心の入り組んだ池には4つの島と9つの橋が架かり、畔には臨池閣、鳳翔台、八景亭などの建物が配されている。。 江戸時代後期の文化10年(1813年)には第11代藩主井伊直中の隠居屋敷として再整備され、今日に近い形に整えられたといわれる 彦根城・玄宮園
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖周遊(5)竹生島

竹生島・・・多多美比古命(伊吹山の神)が、姪で浅井岳(現在の金糞岳)の神である浅井姫命と高さを競い、負けた多多美比古命が怒って浅井姫命の首を切り落とした。その首が琵琶湖に落ちて竹生島が生まれたという。 竹生島には定期船が発着する港が島の南側に一箇所あり、数店の土産物店と寺社はそこからすぐの所にある。寺社関係者ならびに店舗従業員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖周遊(4)瀬田の唐橋・石山寺

瀬田の唐橋・・・瀬田川にかかる唯一の橋であった瀬田の唐橋は京都の防衛上の重要地であったことから、古来より「唐橋を制する者は天下を制す」と言われた。近江八景「瀬田の夕照」。(これは朝焼けの残照) 石山寺・・・源氏物『語』の作者紫式部は石山寺参篭の折に物語の着想を得たとする伝承がある。 「近江八景」の1つ「石山秋月」でも知られる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖周遊(3)長浜

長浜の町並みは新旧入り交じり観光地の典型。黒壁スクエアの店の中から チョイと見かけたマイナーな感じの招き猫。 地元の生活空間が垣間みられる町の辻。 船の廃材を使った塀。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖周遊(2) 浮御堂

堅田の落雁・・・雁が列をなして優雅に舞い降りる、湖に浮かぶ浮御堂が描かれた「堅田落雁」。正式名称を「海門山満月寺」という浮御堂は、平安後期に湖上の交通安全を祈願した恵心僧都が千体仏を安置したことに始まり、航行の目印とされました。 浮御堂 芭蕉の句碑・・・・鎖あけて 月さし入れよ 浮御堂 浮御堂の近所で見かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琵琶湖周遊(1)

青春18キップと「ムーンライトながら」で琵琶湖に行ってきました。 長浜の湖畔の夕景は有名ですが、朝焼けも結構でした。 琵琶湖の北部に位置する周囲2kmの全島花崗岩の一枚岩の島です。 西国観音霊場三十番札所です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more